東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

 お電話でご予約は…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2008年11月のバックナンバー
【妊娠中毒症についてママサポ めるまがvol.31

◇─『妊娠中毒症について』─◇◆

皆さん、こんにちは! ママサポートはりきゅう師の足立です。
前回のメルマガに引き続いて
『マタニティ特集
妊婦さんの体調について紹介します。

今回のテーマは妊娠中毒症のお話です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
『“妊娠中毒症”について』
 妊娠中毒症といえば・・・

 
むくみ(浮腫)
 
尿タンパク
 
高血圧

の3大所見がよく知られています。

この3つのうちの2つまたは1つ所見にひっかかる場合
“妊娠中毒症”と診断されるようですね。
(※実際には検査数値など、他の診断基準があります。)

この3つのうち、
実際に
目に見える症状は・・・“むくみ(浮腫)”です。


この「むくみ(浮腫)」を中心に、東洋医学的な話を進めていきますね。

“むくみ”とは、言うまでもなく
 
『余分な水分が体内に停滞・渋滞』を起こしている状態です。

この『余分な水分』・・・
これは東洋医学では“水毒
(すいどく)”や“湿痰(しったん)
と呼ばれるものです。

簡単にいうと・・・
お母さんの体内の“水の流れが悪くなっている状態”ですね。

今風にいうと『水分代謝が低下している』という状態ともいえます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
水毒体質と妊娠中毒症』

では、
なぜ妊婦さんのお身体で
【水分代謝が低下 ⇒ 水毒の停滞】がおこる
のでしょうか?

東洋医学でも、西洋医学においても
“体の水分代謝”を担当している臓器は
『腎臓』です。

しかし!
東洋医学における腎の機能は、水分代謝を行うだけではないのです。


『腎』の働きには『水の代謝=
泌尿器系のはたらき』に加えて
『生殖器系のはたらき』というお仕事もあります。

女性の体質でいうと・・・
卵巣や子宮の機能をイメージすると分かりやすいでしょうね。


妊娠中のお母さんの
(東洋医学でいうところの)腎臓は、
泌尿器系と生殖器系の2方面にわたってガンバっているわけです。

普段の泌尿器系(水の代謝)に加えて
『大切な胎児を養い、命を育む』という大切な仕事も休まずに行うのですから…

疲れるのも無理ないですよね。

では、その腎臓がお疲れになると、どうなるでしょうか???


 
『胎児の育むお仕事』
        か
  『水の代謝・排泄のお仕事』


このどちらかの仕事が停滞気味になってしまいます。

とはいっても、
胎児を育てるお仕事はカンタンに手を抜くわけにはいきません。

となると、まっさきに現われるのは、水分代謝の低下です。

その結果として現れる体調の変化が…“
むくみ(浮腫)”なのですね。


単に“むくみ(浮腫)”としてみれば、軽い体調の変化のひとつに見えますが
内臓のはたらきから診れば、かなりシビアな問題です。

胎児の発育にも関係する
“腎”のはたらきが弱っている予兆なのですから。

早急に腎のコンディションを回復させる必要がありのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
『やっぱり普段の生活が大切なのです』

24時間、2つのお仕事をこなしている
腎は休むヒマがありません

そんな腎のエネルギーを回復させるのは、そうカンタンなことではないのです。

一番、確実な方法は、普段からの養生が重要ポイントになってきます。

とくに
『睡眠』

しっかりと
夜に寝ることが大事です。

そして“過労”は大敵!!

反対に腎を疲れさせてしまうのは、水分の摂りすぎ。

水分の代謝が悪いから…といって、水を何リットルも摂取するのは
それだけ腎のお仕事を増やしてしまうことになります。

それよりも、
腎が必要としているものは“睡眠”なのです

特にポイントとなるのは『睡眠の質』です。


睡眠の質にこだわってほしい理由は・・・

腎の補給作業が最も活発になるのが真夜中と言われています。


この時間に睡眠を摂ることで、腎臓は補給作業に専念できるのです。

でも、その時間に起きて、家事・用事・お仕事をしていたら…

当然、腎の補給作業は失敗に終わってしまいます。


なので、妊婦さんにもっとも大事な内臓=腎を大事にするには…

まずはしっかりと寝ることなのですね♪


  東洋医学の産後ケアに関する情報はコチラ


『妊娠中の体質・さかご』←前号  ・  次号→『妊娠中毒になりやすい体質』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 

育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.