東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

お電話でご予約は…0721-53-6330  
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2008年11月のバックナンバー
【妊娠中毒症について・その3ママサポ めるまがvol.33

◆◇─『妊娠中毒症の予防におすすめ薬膳』─◇◆

皆さん、こんにちは!
ママサポートはりきゅう師の足立です。

今回は“妊娠中毒症シリーズ”の仕上げ!

薬膳ネタです。

『妊娠中毒症に腎の弱り体質(=腎虚体質)が関係する…』

そんな情報を前回・前々回と紹介しました。

その腎の弱り体質・腎虚体質に効果のある薬膳食材を紹介しますね。


━━ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ 『腎に優しい食べ物たち』
★☆ あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ・・・をお送りします。

東洋医学でいう〔腎〕とは、泌尿器系のはたらきの他に、
生殖器系の機能も担当しています。

女性の身体では、卵巣・子宮、そして胎盤の機能なども
この腎に含まれます。

妊娠中、体質的に腎が弱るきっかけとなるのが“妊娠”そのものです。

10ヶ月近くにわたる長期間の妊娠(=命を育てる)という大仕事に
母体が疲弊してきているのですね。

なので、この疲れた腎の働きをフォローしてあげる!
そんな食事がポイントになります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
『腎に優しい食べ物たち』


  栗(クリ)・豆類などがいいですね。

特に黒豆は、腎に良いですよ。

『黒豆茶』のようにして摂ると毎日利用できて良いでしょうね。

冷たくして飲むよりも、ホットで飲むことをおススメします。


  小豆(あずき)もおススメです。
アズキの利尿作用
小豆(あずき)には、利水効果があり
余分な水(ドロドロ水)の排出を促してくれます。

また母乳の出を良くしてくれる効能もあるので
妊娠後期から、授乳時期にかけて頻繁に摂取してほしい食材です。

難点はレシピが少ないこと…
 ちなみに・・・

あんこ(餡)はアズキを使っていますが、砂糖を多く使っているので
おススメできません。

砂糖の取り過ぎは漢方的には水毒の元となります。

水毒の蓄積は腎を弱らせてしまうため、
糖分の多い“あんこ”は妊娠中毒の予防には向いていないレシピです。

お赤飯や雑穀米にアズキを混ぜて使うのも良さそうですね。

アズキ茶として利用するのも、意外と飲みやすくておススメですよ。


  山芋(やまいも)
ヤマイモの滋養効果
今回のおススメは山芋(ヤマイモ)です。

ヤマイモの効能は、腎にも胃腸にも良いのがうれしいところ。

  消化力の落ちている妊婦さん
  腎のチカラが弱り気味な妊婦さん

どちらの体質にもおすすめです。

また、ヤマイモは消耗性疾患を治療する漢方薬にも使われます。

生薬として名前を山薬(さんやく)といいます。
まさに山で採れるオクスリ!なのです。

滋養に良い…というとイメージしやすいかもしれませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
《あとがき》

腎のお疲れ体質と育児ママ体質は“切っても切り離せない関係”です。

この“腎のお疲れ体質”を上手にケアすることで、
産後の体質を調えることになります。


  東洋医学の産後ケアに関する情報はコチラ


『妊娠中毒症になりやすい体質』←前号  ・  次号→『安産体質を作ろう!』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 

育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.