東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

 お電話でご予約は…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2009年5月のバックナンバー
【産後に陥りやすい体質ママサポ めるまがvol.38

◆◇─ 『産後に陥りやすい3大症状』─◇◆

皆さん、こんにちは!
ママサポートはりきゅう師の足立です。


最近のテーマは“産後のこと”です。

今回も産後のママさんが陥りやすい体質を紹介します。

産後の養生・休養の重要性を認識してもらうためにもとても大切なことです。

産後体質、よくよく知っておいてくださいね。


━━ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆ 産後ママさんの体質はこんな感じ
★☆ 産後の3大症状
★☆ あとがき   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ・・・をお送りします。
 
【産後ママさんの体質はこんな感じです】


産後の3大症状を紹介する前に
まずは出産直後のママさん体質からの紹介です。

出産直後のママさんには、どんな身体の変化がおこるでしょうか?


  疲弊しきった表情からはかなりの消耗うかがえます。

  皮膚はカサカサに乾燥してしまい枯れた印象を受けるほどです。

  自覚症状では、猛烈な寒気(さむけ)に襲われます。


これらの理由は、
出産によって『血液・水分・熱』が大量に失われるからです。

水分や血液が失われることで、お肌はカラカラに乾燥。

熱と血液を失うことで、体温の調節機能は一気にダウン。

そのせいで起こるのが、猛烈な寒気(さむけ)と体内の乾燥です。


これが出産直後の女性に起こりやすい体質なのです。


この基本的な産後体質をきっかけに、様々な病気や症状が引き起こされるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
 【産後の3大症状】


東洋医学には、大昔から“産後ママさんを治療しよう!”とする知識があります。

ナント!約1800年前の医学書にも、
産後ママさんが罹りやすい症状が書かれてあります。以下に紹介しますね。

『産後の女性がかかりやすい病気は3つ。
 
  1つは痙病
(けいびょう)
  2つは鬱冒
(うつぼう)
  3つは便難
(べんなん)


それぞれ昔の病気の名前なので、イメージしにくいですね…。

現代の病名に直してみましょう。
 
  1つはケイレン(痙攣)
  2つは鬱(うつ)
  3つは便秘


このように書くと分かりやすくなりますね。


1、産後のケイレン(痙攣)

この症状で有名なものに、子癇
(しかん)があります。

出産後に起こるものとして、産褥子癇
(さんじょくしかん)があります。
この症状はかなり危険な状態と言われています。


2、鬱(うつ)

これは近年でも、産後うつ・育児うつ…として問題になっていますね。
今も昔も、産後の状態は心身ともにダメージを受けてしまうのです。


3、便秘

この症状も、産後のママさんに多い症状です。
とはいえ“便秘くらいでは病気や症状として扱ってもらえない”
そんな風に軽く見られているのでは?と思います。


以上が、産後に陥りやすい病気・症状の3つです。


それぞれの症状のレベルや危険度に違いがありますが
共通しているポイントがあります。

それは、原因となる体質です。


その原因とは
【血液を大量に消耗】してしまったことにあります。


例えば、便秘について解説をすると…

血液や水分を失うことで、胃腸内は乾燥してしまいます。

そのため、便の水分が失われ、コロコロした硬い便となって
便の排泄が困難になり便秘となってしまうのです。


他の2つの病気も同じですが・・・

“鬱(うつ”や“ケイレン(痙攣)”を起こすとなると、
血液の消耗のレベルが深い!!】ということになります。


                                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
【この3つの症状から分かることは・・・】


産後うつ・育児うつになる人は、お産のときに
血液が失われ、
体質的に
血液が不足している状態にあるといえます。


これは“ウツっぽくなった”・“感情の浮き沈みがあった…”
といった程度の心身の変化も含みます。


この軽い自覚症状に心当たりのある方は
『今すぐ、治療が必要!』とは言いません。


でも、あなたの体質が“血液が不足傾向”にある…ということを知っておくことは大事です。

また、同じように『出産後、便秘がちになった…』という人は
ご自身の体質として、血液や潤いを維持するチカラが低下してしまった…

…と、そんな状態になっていると言えます。


このような妊娠前と産後の体の変化で、産後ママさんの体質を見極めることもできるのです。


                                        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
《あとがき》

産後直後のママさん体質を理解することは非常に大切です。

今回は、血液の消耗を主に紹介しました。

 
【血液の消耗=血虚(けっきょ)体質】

この他にも、産後ママさんが陥りやすい体質があります。

  【水分・潤いを失ってしまう状態=陰虚(いんきょ)体質】

  【熱・エネルギーを失った状態=陽虚(ようきょ)体質】

この3つです。


体質をあらわす言葉に出てくる
“虚”という字は“空っぽ”ということ意味します。

つまりはガソリン・エネルギーが空っぽに近づいている…

そんな傾向が、ママさん体質の特徴だと言えるのです。



『産後の養生』これは本当に大切なことなんです。


  産後のうつを治療する…はコチラ


      『もうひとつのお産・後産』←前号  ・  次号→『産後の疲れを癒す食事とは?』  
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 

育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.