産後の体質・産後の疲れ・体調不良をケア 大阪 ママサポート鍼灸院

 お電話でご予約は…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2010年11月のバックナンバー
子どもの鼻血・下痢ママサポ めるまがvol.49

こんにちは! ママサポートはりきゅう師 足立繁久です。

お子さんの下痢や鼻血にびっくりした経験、ありませんか?

お子さんの急性の症状って、あまりにも突然に起こるものなので
冷静な対処が難しいですね。

親心としては・・・
『症状が出たら、すぐに止めなきゃ!』

こんな風に考えてしまいます。

しかし・・・

【急いで症状を抑えることが、正解ではないケースもある】のです。


《止めるべきか?様子を診るべきか?》


お子さんを見守るうえハッキリとした目安が欲しいところだと思います。

今回は鼻血下痢を例にして紹介しますね。

---------------
★ 出し切る?止める?2つの症状の違い ★
---------------



☆★ 出すか?止めるか?の見分け方 


“鼻血”も“下痢”も、基本的に身体から悪いものを追い出している働きです。

鼻血は、血中に充満している熱を血と一緒に排出している働き。

下痢は、腸内に侵入した毒素・病原菌を強制排除している働き。


悪いものを追い出しているから・・・といって、

鼻血・下痢の症状を出しっぱなしにした方が良い…というわけではありません。

『今は症状を止めなければ!』というタイミングがあります。


☆★ 出すか?止めるか?その見極めポイント

その見分けるポイントを紹介しましょう。

【止めるべき下痢症状】
  下痢をして一回で終わらず、何度も腹痛・下痢が続く。
  下痢をすればするほど消耗していく…。

【止めるべき鼻血】
  何度も鼻血が起こる。
  ダラダラ出血が止まらない。
  鼻血後、ぐったりしてしんどそう。

両者に共通しているのは出せば出すほど元気が減っていくという点。


反対に出し切っても良い症状
  出してスッキリする下痢。
  鼻血・下痢が出た後はコロッと元気にしている

こういった状態は悪いものを出し切った!!という状態ですね。
非常にシンプルで分かりやすいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


今回 紹介しました『見極めポイント』は、
子育中のママさん・パパさんなら、何度か経験したことがあると思います。

特に急性の症状やお子さまの苦痛が激しいときって
明確な目安・目印がないと、本当に迷うんですね。

そして迷えば迷うほど、症状はひどくなってくる気がしてくるものです。

そういった時のヒントになれば嬉しいです。

今回の見極めポイントは、
東洋医学の『望診(ぼうしん)』という診断術でも使われています。

お子さんの様子・症状などの表面上の変化から、
本質・原因となっている体質を読み取る技術なのです。

実は望診には、さらに“2つのポイント”があります。


それは【顔色】【目のチカラ・眼力】です。

“顔色の良し悪し” “眼力の強弱”というのは、
意外なほどその子の体質を表します。

『下痢はしたけど顔色は良い』

というのは、安心して良い状態。

反対に『鼻血が出て、顔色も悪く、眼力もなんだか弱い…』

こんな状態は治療が必要である可能性が高いです。

顔色と目のチカラ(眼力)、元気度を判断するのに重要なみどころなのです。


      『おたふく風邪・注意報』←前号   ・  次号→『ゴールデンウィークの体調管理』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 

育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.