東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

 お電話でご予約は…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2014年1月のバックナンバー
春先のアレルギー・シーズンに向けて…
    
ママサポートめるまがvol.67 2014.01.29

こんにちは! ママサポートはりきゅう師 足立繁久です。


1月ももう終盤。暦の上では冬はとっくに過ぎて、土用の時期。
しかも、来週2月4日には立春を迎えます。

  ※土用とは、春・夏・秋・冬それぞれの間にあって
    各季節の準備期間・移行期間のような存在です。


冬も終わり、春の前の土用の季節なので、
春に向けての準備をしなければ!!・・・と、今はそんな季節でもあるのです。

『でも…春のアレルギー予防って、どうすればいいの?』


なんて思いますよね。

ということで!!

『東洋医学的な春のアレルギー予防』を
今回のメルマガで紹介しますね。


━━ 今日の内容 ━━━━━━━
★☆ 春といえばアレルギー
★☆ アレルギー症状の本当の目的
★☆ 毒素を減らすには…!?
━━━━━━━━━━━━━━━

                ・・・をお送りします

◆ 春といえば、アレルギー症状の出やすい季節です

アレルギー症状といえば・・・

花粉症をはじめ、“かゆみ”“湿疹”などの皮膚症状といった、
不快でツラい症状が思い浮かびます。

その対処法として
“まずは症状を抑えること!”

これはイメージしやすいことですね。

でも・・・

 『アレルギー症状を抑え込むことはおススメしません』
なんて言ったらどうでしょう?

『えっ!?ホントに?』なんて、疑ってしまいますよね。

ココからは東洋医学の話です。


◆ アレルギー症状の本当の目的…

東洋医学のバイオリズムだと、
春になると“身体は一気に活性化”しはじめ、
冬の間に“たまったゴミ(毒素)”を追い出そうと活動を始めます。

ゴミや毒素を追い出した結果・・・
症状として現れるのが、鼻水・涙・皮膚症状…なのですね。


  『アレルギー症状とは、体にとって有害な毒を追い出す働きのあらわれ。』

東洋医学では、このように考えています。


冬に蓄積した有害なモノ(毒素)を、皮膚や目・鼻から追い出しているのです。

この毒素は、漢方医学でいうと“水毒
(すいどく)”です。

ドロドロ水のようなものなので、鼻水・涙という形で追い出しているのですね。

  身体にとって、毒素を追い出すのは“あたり前”のことです。


なので、アレルギー症状を完全に抑え込むことは、
追い出すハズの毒素を封じ込むことです。

封じ込んでしまうと、その結果は・・・
次の追い出す時(=春)まで持ち越しになります。

そのかわり、次に追い出す時には、
毒素は2倍以上に増えているので
表面にあらわれる症状は、
さらに激化しています。

ステロイド剤を止めたときにおこる現象、“リバウンド”も似たような原理です。


東洋医学の見方では、
  症状を抑え込むのではなく、毒素をスムーズに減らすこと。

ココが根本的にアレルギー体質を改善するポイントと言えます。


◆ 毒素を減らすには…!?

毒素を減らすには2通りあります。

  毒素を追い出す
  毒素を増やさないようにする

これは鍼灸治療でも可能ですし、
日常の生活習慣を意識するだけでも改善することが可能です。

・・・と、このまま紹介したいところなのですが
これ以上は長くなりますので、次回のメルマガで紹介しますね。

次回は『現代日本人が苦手とする毒の排出方法』をお送りします。


『ノロやインフルエンザに負けない条件』←前号   ・  次号→『現代日本人が苦手とする排毒法』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 


育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.