東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

 お電話でご予約は…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2014年4月のバックナンバー
母乳の出を良くする3つの食材
    
ママサポートめるまがvol.71 2014.04.12

こんにちは!ママサポート鍼灸院の足立繁久です。


前回のメルマガで『タンポポ茶って母乳にイイの?』
こんな内容を紹介しました。

今回も母乳に関する情報をメルマガ配信しますね。

今日のテーマは…コレ

 
『母乳が少ないとお悩みの方には●●●がおススメ』です。

生薬的・薬膳的な話から母乳の出を良くする食べ物を紹介しますね。


━━ 今日の内容 ━━━━━━━
★☆ 母乳が少ないのは理由があります
★☆ 母乳の出を良くする食材3つ
━━━━━━━━━━━━━━━

            ・・・をお送りします 2014.04.12


◆母乳が少ないのは理由があります

ひとくちに“母乳が少ない…”といっても、原因は2つあるのです。

1、ひとつめの原因は詰まっている状態。

 乳腺の詰まりなどはイメージしやすいですね。


2、もうひとつの原因は、母乳を作るためのチカラが不足している状態。

 母乳は血液から作られます。

 授乳期に胸部に血管が集まる様子をみれば、
 想像しやすいかと思います。

 中国医学でも『乳血同源
(にゅうけつどうげん)』という言葉があるくらい
 母乳と血液の関係は深いのです。

しかし・・・

その血液が不足した状態が続くと…
母乳不足に陥りやすくなります。

しかし、多くの産後のママさんは、血液が足りない状態にあります。

妊娠・出産のダメージも抜けきらない状態なので
これは致し方のないことなのかもしれません…

だからこそ、早急に血液を補給する必要があります。

母乳の出をよくする食材や生薬とは、
ただ母乳の出を促すのではなく、
母乳の原料となる
血液を補充する効能を持っているものが多いです。


◆母乳の出を促す食材はコレ!

小豆(アズキ)がおススメです。

母乳によいアズキ
アズキには母乳の出を促す作用のほかにも、利尿作用もあります。
妊娠後期~産後にかけて、足がむくみ(浮腫)がちな人には
おススメの薬膳食材といえますね。


エンドウ豆

春を旬に迎える“エンドウ豆”も母乳の出を良くする作用を持っています。
また、利尿作用も持っていて、アズキとの共通点が多いですね。

アズキとエンドウ豆の違い…強いて言うなら“旬の季節”でしょうか。

エンドウ豆は春。
アズキは秋。
母乳によいえんどう豆

旬にこだわって使い分けるのも良いかもしれませんね。


羊肉(ラム・マトン)

意外かもしれませんが、羊のお肉も漢方薬に使われるのです。

気血を補給する作用、身体を温める性質が強いため
妊娠・出産の疲労を取り除いたり
お腹の冷えや痛みを治すために使われたりします。

もちろん、血液を補給する性質も強いので
“母乳の出を良くする”目的でも使われます。

 現代の栄養学的には、羊肉には
L-カルニチンという
必須アミノ酸が多く含まれていると言われています。

脂肪酸がミトコンドリアに入り、燃焼されるプロセスがあります。
L-カルニチンの性質は、
脂肪酸の燃焼プロセスを助ける働きを持っているとのこと。

脂肪酸のエネルギー代謝の役割のひとつを担うカルニチン。
そのカルニチンをたくさん含むのが羊肉。

『羊のお肉はちょっと…』
なんて敬遠する人も少なくありません。

でも、脂肪酸を燃焼させる(のを助ける)と思えば
『ちょっと食べてみようかな…』と、モチベーションが上がるかもしれませんね。


  母乳の出が少ない…解決法はコチラ
  母乳の出が少ない…の解決法はココをクリック


『気になるタンポポ茶の効能』←前号   ・  次号→『母乳で決まる!子どもの体質』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 


育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.