東洋医学でママサポート めるまがバックナンバー 大阪 ママサポート鍼灸院

お電話でご予約は…0721-53-6330  
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


ママサポート めるまが☆2014年4月のバックナンバー
母乳で決まる!お子さまの体質
    
ママサポートめるまがvol.72 2014.04.26

こんにちは!ママサポート鍼灸院の足立繁久です。

今回のメルマガテーマも『東洋医学の乳活シリーズ』です。

前回のメルマガでは【乳血同源
(にゅうけつどうげん)】という言葉を紹介しました。

母乳はお母さんの血液から作られるのです。

だとすると・・・
その『お母さんの血液は何から作られるの?』

こんな風に考えてみると、
母乳の質を良くするためには、どんな工夫をすればイイのか・・・

このようなポイントが分かってきます。

  お子さんを乳児期のころからできるお子さんの健康づくり
  アレルギー体質になりにくい母乳の質とは?

このような内容をお送りますね。


━━ 今日の内容 ━━━━━━━━
★☆ お母さんが口にするもので母乳の質が決まる!?
★☆ 食べ物の性質と母乳の質の関係
★☆ お子さんの体質はこのときに決まる!
━━━━━━━━━━━━━━━

            ・・・をお送りします 2014.04.26


◆お母さんが口にするもので母乳の質が決まる!?

母乳を作るのは“お母さんの血液”です。

ということは、
母乳の質を良くするには・・・

“お母さんの血液の質を良くすること”

これが大切です。

では、血液の質を良くするにはどんな工夫をすればいいでしょうか?

やはり手軽にできるのは
“食事”ですね。

【食事=血液の質】の関係性は、東洋医学に限らず、
西洋医学でも同じことが言われていますね。

悪玉コレステロールや中性脂肪、血糖値・・・
どれも食事に影響を受けるものです。

もちろん血中の脂肪や糖が、そのまま母乳に混ざってしまうわけではありません。

でも、そんな
“悪いモノ”いっぱいの血液から作られる母乳だと想像すると・・・
どうでしょう?

『チョット食べるものに気をつけてみようかな…(汗)』と思えてきますよね。



◆食べ物の性質と母乳の質の関係

お母さんが口にする飲食物の性質は、母乳に少なからず影響します。

イメージしやすいパターンとしては・・・

  体を冷やすモノを食べると、体を冷やす性質の母乳になる
  体を温めるモノを食べると、体を温める性質の母乳になる

といったパターンですね。


  体を冷やす飲食物といえば・・・“冷たい飲食”が最も要注意です。
氷入りの飲み物・アイスクリームなどは夏場はとくに要注意です。
また、キュウリやナス・トマトといった“夏野菜”も体を冷やす性質を持っています。


  体を温める飲食物といえば・・・
ショウガやネギ・ニンニクなどの薬味系の食材がイイですね。
これらの食材は、料理のかくし味になど使いやすいので、重宝します。


  水毒を蓄積させやすい飲食物にも要注意です。
甘いもの・脂っこいもの・麺類などを多く摂ることで、
赤ちゃんの体に水毒をため込みやすい質の母乳になります。

この水毒の蓄積を予防するには、
味噌(みそ)(こうじお漬物(ぬか漬けなど)といった
和風の発酵食品がおススメです。

以上のように、お母さんが口にする食事は、
お子さんの体質を左右する…と言っても過言ではありません。


『医食同源
(いしょくどうげん)
『薬食同源
(やくしょくどうげん)

といった言葉があるように、
食事はお薬や医療と同じくらい重要なのです。


そして、人間の体質というのは、主に幼少期に決まります。

表現を変えると…、
体質が作られる最初の分岐点…それが幼少期なのです。

わが子の一生の体質を左右するのが“授乳期”です。

わが子が健康体質になるかどうか…?

例えば…
  胃腸が弱いタイプ
  神経質なタイプ
  肥満傾向な体質
  アレルギー体質
   …などなど。
いろいろなタイプ・体質がありますね。

それを最初に決定する要因が…赤ちゃんが口にする“母乳の質”なのです。

とはいっても、あまり窮屈に食生活を制限してもストレスになります。

もし、改善の余地があれば、今までより少し食生活に気をつけてみてくださいね。


  母乳の質に関する情報はコチラでも紹介しています。

  乳腺炎になりやすい食事・乳腺炎を防ぐ食材

『母乳の出を良くする3つの食材』←前号   ・  次号→『授乳中に漢方薬を服用することで…』
【ママサポートメルマガ】のバックナンバー☆一覧はコチラ



メルマガ購読・解除
 


育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.