若年性更年期障害 プレ更年期のお悩みを鍼灸・東洋医学でケア 大阪 ママサポート鍼灸院

  お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


コラム  若年性更年期障害プレ更年期

 プレ更年期ってナニ???


プレ更年期とは最近になって使われ始めた名前で、
正式な医学名ではありません。

“プレ(pre-)”という言葉の通り、更年期障害が起こる時期よりも“早く”
更年期障害に似た症状があらわれる状態を指している言葉です。


更年期障害(プレ更年期)とは・・・

閉経が起こる年齢(50歳前後)の前後10年の間に
ホルモンバランスの激変によって起こる
体調の波(不定愁訴)を更年期障害と言います。

40歳代後半~50歳代前半
平均的に更年期障害が現れやすい年齢だと言われています。

しかし、プレ更年期が起こる年齢は
それよりも早く
30歳後半~40歳代にやってきます。

更年期のような症状に悩まされる
30~40代のママさんが増えているのです。



プレ更年期の原因

更年期障害もプレ更年期も、
その原因は同じで
女性ホルモン(エストロゲン)の減少です。

更年期障害の場合・・・
 年齢にしたがって、卵巣の機能が低下し、
 女性ホルモンの分泌量も減少していきます。

 その体の変化に適応しようとする過程で、更年期障害が起こるのです。

プレ更年期の場合・・・
 何らかの原因で、卵巣機能の低下・女性ホルモンの減少が起こります。

 この変化は年齢に不相応なもので、
 女性ホルモンが減少する理由としては次のことが考えられています。


  ストレス
  疲労
  睡眠などの生活リズムの変調



 若年性更年期障害ってナニ???


若年性更年期障害
この名前も、医学的には正式な病名として使われていないようです。

一般的に意味するところは・・・

『閉経がおこる年齢でない20~30歳代のうちから、
 卵巣機能の低下・女性ホルモンの減少などが起こり
 そのことによって、更年期障害のような症状が起こる…』

このような症状を指して若年性更年期障害として使われています。


若年性更年期障害という状態を医学的に厳密に表現すると・・・

20~30歳の若いうちに閉経や卵巣機能の停止・不全が起こり、
『早発閉経』や『早発性卵巣機能不全』といった状態(に近いようです)。

しかし、実際には20~30歳のうちに閉経が起こったり、
卵巣機能が完全に停止することは極めて稀なことです。

多くの女性がお悩みのケースは一過性の変調であり、
一時的な体質のことが多いようです。


この
一時的な女性ホルモン量減少・卵巣機能低下を原因として起こる不定愁訴
一般的には【若年性更年期障害】と呼んでいるのです。


以上のことをまとめると・・・

  若いうちに起こること

  一過性の卵巣機能の低下

  一時的な女性ホルモン量の減少

  原因となる条件(ストレス・疲労・無理な栄養制限…など)


以上の条件は【プレ更年期】と【若年性更年期障害】と一致します。

※当院のホームページでは、この2つのをあえて同じ意味合いで使っています。


 産後ママさんとプレ更年期の関係

妊娠・出産・育児を経験している産後ママさんは、
その分だけ
“体力的な消耗が大きい”と言えます。

なぜなら、ママさんは下表のできごとをすべて経験しているからなのです。


  妊娠出産によるホルモンバランスの激変
  産後の授乳による慢性的な睡眠不足
  慢性的な育児疲れ
  日々の潜在的なストレス



特に
育児・子育てに一生懸命なママさんほど、
ご自身の疲労や消耗、体にあらわれるサインなどに気づきにくいものです。

以上の条件だけでも、十分にプレ更年期のきっかけにもなる可能性があると言えます。


東洋医学的にみると・・・

妊娠・出産・授乳・育児は“腎の気の消費・消耗”につながります。

※“腎の気の不足”はプレ更年期の原因体質となります。
  詳しい説明はコチラを参考にしてください。

さらに腎の気の不足につながる要因(=プレ更年期になりやすい条件)としては
次のようなできごとが挙げられます。


  難産だったママさん
  高齢出産のママさん
  多胎出産を経験されたママさん
  3人目~出産されたママさん
  妊娠中に体調を崩されたママさん
  妊娠中になんらかのトラブルにみまわれたママさん



以上の出来事をひとつでも経験されているママさんは
“腎気不足の体質”を持っているといっても過言ではありません。


現在、プレ更年期の症状にお悩みで、
上の表の“腎気不足体質の条件”にも該当するママさんは
ママさん体質を癒やすケアを受けることをおススメしています。




ママサポート治療のご予約はこちらのメールフォームから

うれしいネット割り♪のお知らせ

当ホームページより治療のご予約をいただいた方には
初診料を割引させていただきます。

下のメールフォームからご予約いただくと… 

初診料金6,000円4,000円となります。

お電話で『ホームページを見ました…』と言っていただいても
割引きOKですよ(^^)
お電話でご予約は…0721-53-6330


あなたの育児疲労度を
簡単・無料チェック!
20の項目をチェックするだけで東洋医学的な診断ができます。




育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.