乳腺炎のお悩みを鍼灸・東洋医学でケア 大阪 ママサポート鍼灸院

  お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330
    



ママサポート鍼灸
Q&A
 受診する時は、どんな服装で行けばいいですか?
1回の治療時間は どれくらいですか? 
 子どもと一緒に行っても
大丈夫ですか?
 子どもをみてもらうのは
有料ですか?
 子どもと一緒に治療を受けるにはどうすれば?
夫も一緒に行っても
大丈夫ですか? 
 パパが鍼治療を受けたら
どうなりますか・・・?
new 大阪から遠いので
受診したくてもできません…



安心して任せられるスタッフ

治療の体験談

ママサポート鍼灸ケアのご感想


治療院へのアクセス
↑の地図をクリック

 

ママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は8:00~15:00まで治療しています。

日曜・祝日と木曜日の午後は
休診となります。

お電話でご連絡は…
 0721-53-6330



 メールでご予約はこちら



『小児はりのへや…』というブログにて、お子さんやママさんの健康情報、日々の育児の事について触れています。

当院のご縁のあるサイトや、同じ育児ママさんをサポートするホームページのリンクを作っています。

相互リンクを行う際のお約束です。

雑誌掲載

■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

正当なCSSです!


正当なCSSです!


乳腺炎体質

 授乳中だからこその悩み

乳腺炎になると、ひどい痛みに苦しむことになります。

ひどい場合は、胸の痛み・しこりだけでなく

発熱・悪寒…といった感染症のような症状を起こします。

この場合、病院だと解熱鎮痛剤抗生物質が処方されます。


もちろん、授乳中でも服用可能なお薬があります。


しかし・・・

赤ちゃんへの影響を心配して授乳をストップするママさん

迷いや不安を抱えながら授乳を続けるママさんもおられます。


『乳腺が詰まらないように、
 できるだけ赤ちゃんに吸ってもらいなさい…』


こんな指導を受けても、赤ちゃんが嫌がって
乳腺炎を起こしている側のおっぱいを飲んでくれない場合もあります。


これは無理もないことです。

なぜなら、
母乳はお母さんの体調によって性質が変わります。

乳腺炎を起こしている側の母乳は、
赤ちゃんにとっては“おいしくない おっぱい”なのです。

赤ちゃんが飲むのを嫌がるのも、自然なことです。


母乳の質が、影響を受けるのは
“お母さんの体質”だけではありません。

お母さんが食べたもの・口にしたものによって
母乳の質が影響を受けることもあります。


授乳中のお母さんにとって、一番気になるのは

“お薬による母乳の影響・赤ちゃんへの影響”です。



たとえ
『赤ちゃんや母乳には影響ありません』

そう言われても、抵抗感はぬぐいきれないものがあります。


“食べたもの・飲んだものがそのまま母乳になる感覚”
授乳中のママさんは毎日体感しているわけですから…。

その感覚を知るママさんであれば
母乳・赤ちゃんに対するお薬の影響が気になるのは当然です。


でも、そんな悩みや不安を解決する手段があります。

それが“はりきゅう治療”です。

“はり灸治療”は
お薬を使わない治療です。

赤ちゃんへの薬物の影響も100%心配ありません。

乳腺炎に対処・治療する手段は東洋医学にあるのです。


 乳腺炎になりやすい体質とは!?

では、ここで東洋医学で乳腺炎に対処できる理由を説明しましょう。

その理由はカンタン。

乳腺炎になりやすい体質があるからです。 

つまり、乳腺炎体質を改善すれば、乳腺炎の改善はもちろんのこと

乳腺炎の予防だって可能になるのです。


東洋医学的に授乳中のママさんをみますと・・・
乳腺炎になりやすい体質”と“乳腺炎になりにくい体質”があります。


まずは
乳腺炎になりやすい体質を紹介しましょう!

  日頃から肩こりがひどい
  慢性的に頭や首の痛みがある
  ストレスをためこんでいる…
  生理前になるとイライラがきつくなる
  生理前に、胸・脇が張る・痛む
  炭酸飲料が好き
  治っても何度も乳腺炎が起こる



以上のチェック項目に該当する方は、
高い確率で、
乳腺炎を繰り返しやすい体質であるといえます。


しかし、反対の視点でみると…以上の症状と体質を改善することで

乳腺炎になりにくい体質になることが可能です!

体質改善はむしろ東洋医学・はり灸の得意分野です!


 乳腺炎体質を改善すること=母乳の質がよくなる!!


乳腺炎に苦しむママさんにとっては
「授乳の痛み」や「服薬の悩み」から解放されることが最優先です。

まずはツライ症状、乳腺炎の痛みを治しましょう。

乳腺炎を治すことは“ママサポート鍼灸ケア”で可能です。


しかし、乳腺炎を治すことは、もうひとつうれしいメリットがあります。


それは
母乳の質が変わること


  乳腺炎を治すことは“母乳の質”を改善することにつながるのです。


なぜ乳腺炎の治療で“質の良い母乳”になるの?




乳腺炎の原因は“乳腺がつまりやすい”ということです。

乳腺が詰まりやすいということは、新鮮で質の良い母乳が出ずに
赤ちゃんは“質の良くない母乳”を飲むことになります。


“質の良くない母乳”を飲むことで、赤ちゃんの体質も変わってくるのです。

乳腺炎体質を改善し、母乳の質を良くすることは、
母乳育児にとって大切な事
です。


赤ちゃんをただ大きくするのではなく、健康な体質を育み、
お子さんの免疫力や抵抗力にも影響する・・・


そんな力を持つ母乳だからこそ、
お母さんの乳腺炎体質を改善することはもちろん、
母乳の質にまで気を配ったケアが必要です。

当院のママサポート鍼灸ケアは、このようなことを考え、
乳腺炎に悩むママさんに治療を提供しています。



ママサポート治療のご予約はこちらのメールフォームから

うれしいネット割り♪のお知らせ

当ホームページより治療のご予約をいただいた方には
初診料を割引させていただきます。

下のメールフォームからご予約いただくと… 

初診料金6,000円4,000円となります。

お電話で『ホームページを見ました…』と言っていただいても
割引きOKですよ(^^)
お電話でご予約は…0721-53-6330


 乳腺炎に悩むママさんのためのコラム

  乳腺炎になりやすい食事、乳腺炎になりにくい食事 


  乳腺炎の時は赤ちゃんに吸わせるのが一番?NEW!


  乳腺炎に効く!秘伝のツボ NEW!


  乳腺炎に効く漢方薬


 乳腺炎の治療体験談

鉄板を入れたように硬かったおっぱいが…

出産後、引っ越しなどの環境の変化や内祝いの段どり、
お宮参り・・・とバタバタが続いたせいか
睡眠不足とも重なって、乳腺炎気味になり、寝がえりをうつのも辛い程・・・

いつもお世話になっている足立先生に駆け込みました。

身体全体を整えてもらい、仕上げに背中の乳腺炎のツボに鍼をしてもらったら、
それまで鉄板を入れたようにカンカンに張っていたおっぱいが
ビックリする程やわらかく、軽くなりました☆


母乳に良いとされる、食べ物も教えてもらい、
毎日積極的に摂るようにしたら、おっぱいは詰まりにくくなり

ずっと便秘気味だった生後1ヵ月の娘のお通じも改善されてきたのにはビックリ!

寝付きが悪く、泣いてばかりだった娘も、鍼をしてもらったのをきっかけに、
少しずつ落ち着いて、泣き方もおだやかになり、夜まとめて寝てくれようになりました!

今まで娘の小さな身体の中で乱れていた何かが鍼で整った様で、
心地よさそうにしているので、診てもらって良かったです♪

これからも、定期的に身体のメンテナンスに通いたいです。どうぞよろしくお願いします☆

河内長野市 A.Y.さん




あなたの育児疲労度を
簡単・無料チェック!
20の項目をチェックするだけで東洋医学的な診断ができます。




育児の疲れ・子育てのお悩みを解消! 育児ママをサポートする鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  患者さまの声 - ママトラブルQ&A  -

- 治療のながれ -  治療コースと料金  -   治療師・スタッフ紹介

 -  アクセス  - 関連リンク集 - 相互リンクについて  -

育児疲れ 子育ての悩み 小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.